産後に料理ができない状況をヨシケイのYデリ利用で乗り切った

soup-1006694_640

産後、1ヶ月検診も無事に終わり、いわゆる「床上げ」という時期を過ぎても体調がすぐれない・・・。実は、産後2ヶ月で一過性の甲状腺機能亢進症になり、子供のお世話をするだけでいっぱいいっぱいでした。

夫は料理は苦手なのですが、時に作ってくれることもありました。しかし、私の症状は数日で良くなるものでもなかったので、毎日の食事が問題となりました。

病気とわかってはいても、食事を作れないことに負い目を感じ、鬱々としていた私に夫が提案してくれたのが、ヨシケイのサービスでした。落ち込んでいる私を励ます意味と、実際に食事問題を解決せねば!ということで、夫が調べてくれてたのです。

スポンサーリンク

たくさんあるメニューから、すまいるごはん「Yデリ」を選択。

ありがたい申し出ですが、金額が気になり素直にヨシケイ取ろう!という気持ちにすぐはなれませんでした・・・。

でも、他に良い案はないし、夫にも、

「病気が良くなればまた料理できるんだから、それまでの応急処置と考えてやってみよう。」

と説得されました。

応急処置・・・その言葉でどれだけ救われたでしょう。つまり体調が回復するまでの間、期間限定でヨシケイの助けを借りるということなら、お世話になろう、と素直に思えました。本当にありがとう、夫よ。(ノД`)ウゥ

ヨシケイのサービスメニューは色々あって、その中から夫が選んだのは、「すまいるごはん」というものの中の「Yデリ」です。

私のヨシケイのイメージは、必要な材料が届けられて、レシピを見ながら作るというものでしたが、Yデリは、らくらく調理済メニューというもので、レンジや湯煎、自然解凍で簡単にできます。たまにレタスやトマト等の生野菜が入っている時もあり、その際は水洗いをする手間はかかります。(病気で具合が悪いと、レタス等を洗うことすら手間に感じていました。)

料理が苦手な人でも、ちゃんとした食事の準備が本当に簡単にできる。

基本的に3品あり、調理時間は約10分の目安です。

ただし、ご飯はついていないので、炊く必要があります。

だいたいは夫が主に準備をしてくれました。私も調子が良い時は、お皿に移したりのお手伝いで、以前は料理を滅多にすることがなかった夫と一緒に台所に立てるのが新鮮でした。笑

副菜を流水解凍しながら、湯煎やレンジでメインの料理を温めます。湯煎のみの時もあれば、湯煎とレンジの両方使うおかずの時もあります。

ウチはご飯も冷凍保存していることが多いので、レンジで一人分4~5分くらい調理時間がかかるおかずの時は、ご飯の解凍時間も合わせると、10分以上かかることもありましたが、せいぜい5分オーバーといったところです。

夫は慣れないうちは、お野菜洗っている間にお湯を火にかけるのを忘れて時間がかかったり等もありましたが、徐々に慣れて手際もよくなっていました。調理済みとはいえ、「夕飯の準備をしている。」という行動に、自信がついた夫が頼もしく見えました。

メニューは必ず一週間通しで取らなくてもOK。日付指定ができてネット注文可能。

かならず一週間分、毎日購入しないといけないと思っていたのですが、実際はカタログを見ながら「この曜日の分はイマイチ好みではないから注文なし!」とすることもできます。そして、一人分からの注文でもOKとのことでした。

私たちとしては、メニュー内容を見て、注文しないという選択肢があるのは、とてもありがたかったです。

正直なことを言うと、レトルト感が否めないおかずもありました。でも、メニューを見てキャンセルもできるので、レトルト感があって嫌だなぁと思うものは今後はその分は注文せずに、食べたいものだけを食べることができます。

ウチは、メニューカタログを夫婦でチェックして注文するのを決めてから、夫がネット注文していました。

気になる料金は、他コースよりお高め

Yデリは既に調理済みということで、他のサービスメニューよりも割高になっています。

おかずの内容によっても金額が変わるのですが、1人1食分で700円前後しました。決して一食分の食事代としてはお安くないので、無理して好みではないメニューは取らずに、その日の分はスーパーのお惣菜などを利用すれば、少しでも節約に繋げられます。

でも割高とは言っても、主食・副菜がそろっている、栄養バランスの整った食事という安心感があり、いつもスーパーの惣菜ばかりでは不安になるので、ヨシケイをうまく利用すれば、家庭の経済事情に合ったやり方をみつけられます。

あんしんBOXを利用すれば、体調悪くても起きて受取りしなくていい!

ヨシケイでは、留守でも大丈夫なように「あんしんBOX」というサービスがあります。

私はいつも家にいましたが、トイレで起き上がるのもしんどいくらい動悸と立ち眩みが酷く、配達の際の受け取りが面倒だと思っていたので、迷わずこのサービスを利用することにしました。

カギ付きの少し大きめな宅配ボックス(ヨシケイの発泡スチロールのボックスが3個入る大きさ)で、私たちは玄関横に設置してもらいました。

※イメージの為に、ヨシケイ宮城さんからお借りしました。

a-box引用:ヨシケイ宮城

配達時間に関係なく、何かのついでに起きた時に宅配ボックスから受け取りできて、本当に便利でした。

スポンサーリンク

今回のまとめ:産後の体調不良時に本当に助けられました。

ヨシケイの利用で、食事の心配をする必要がなくなり、生まれたばかりの子供のお世話と体調回復に専念できました。

料金は、調理済みメニューということで、ヨシケイの中でもお高めの方ですが、期間限定と割り切り、助けてもらうという気持ちで利用していました。毎回注文する必要もないし、取ったけれど全部食べ切れそうもないという時は、保存が効くものなので使わずにおいておくこともでき、他の日に利用することもありました。

あの時の私のように、体調不良等で何かの助けを借りないとやっていけないという状況の方に、お役に立てる情報でしたら幸いです。興味がありましたら、こちらにリンクを貼りますので、ご覧ください。
【栄養士の献立】ヨシケイお試しキャンペーン実施中!

現在、二人目妊活中ですが、もし授かることができて無事出産できたのなら、またヨシケイにお世話になるかもしれないと考えています。

なぜなら、最初の出産の時は産後、実家にお世話になれましたが、両親も高齢ですし、まだ幼い息子もいるので、お願いしない可能性が高いからです。

なおさら、こういう便利なサービスを利用しない手はないので、Yデリや、他のサービスメニューも検討しながら産後の生活を乗り越えていけると思います。

スポンサーリンク