すべてが腑に落ちたHSPという概念。傷つきやすい自分がもっと生きやすくなるヒントに。

最近、ネットサーフィンしていてふと気になる広告が。

「いい人なのに嫌われる女の共通点|5人に1人はHSP。感受性の強さに傷ついた私を楽にした方法とは」とあるけど、HSPって何??

初めて目にするその3文字が気になって、ググってみると・・・今までの私の生きづらさの説明がつく!!と衝撃を受けたのでした。

そして、「あぁ、私が今まで悩んできたことは、心の弱い自分だからだって思うのは違っていて、やっぱり私自身を受け入れていくことが生きやすくなる秘訣なんだ。」と確信することができました。ものすごく大発見的な感覚です。

私と同じような感覚で悩んでいる人にも、ぜひこのHSPのことを知ってもらって、心の荷を下ろしてもらえればと思います。

※この記事は書きかけです※

HSPとは何?

HSP(エッチエスピー)とは「Highly Sensitive Person」を略したもので、直訳すると「とても繊細な人」という概念です。

HSPと検索して一番最初に目にしたサイトがとても分かりやすく、診断テストもありました。こちらのサイトです。

上記であげたサイトでの説明では、

HSPとは(Highly Sensitive Person)
一般に繊細・神経質・内向的と
言われる人たちが持つ
「気質」です。

生まれ持ったものですが決して病気ではなく
世の中のタフな人と
そうではない敏感な人とを2タイプに分けた、

ただの概念に過ぎません。

引用:HSP診断テスト

とありました。

早速、私も診断テストを受けて、結果はこのようになりました。

— 診断結果 —

スコア:97
(-52~140)

HSP度:【中】

HSPであると思われます。一般的な人々よりも非常に繊細な心を持っています。傷つきやすいかもしれませんが敏感であることは過ちではありません。それどころかあなたの人格を豊かにしてくれます。無理せず自分らしくいることで喜びを感じることができるでしょう。

引用:HSP診断テスト

どうやら、中程度という診断なのですが、詳しい具体例などを、HSPである人が書かれたブログで見ていくと、

 

これ、私のことだ!!

 

という、確信に満ちた思いになりました。

そしてこのHSPという概念に、長年自分の心の弱さに悩んできたのが救われたのです。

 

続く・・・。

スポンサーリンク